和牛の代名詞「黒毛和種(黒毛和牛)」の魅力と飼育環境を解説

株式会社With
和牛の代名詞「黒毛和種(黒毛和牛)」の魅力と飼育環境を解説

和牛の代名詞「黒毛和種(黒毛和牛)」の魅力と飼育環境を解説

黒毛和種(黒毛和牛)というワードはよく耳にするかと思いますが、その特徴や魅力をご存じですか?

肉質の良い和牛の中でも、特に良いとされている黒毛和種(黒毛和牛)。その黒毛和種からとれる霜降りのお肉は、高級肉の代名詞として扱われています。

こちらでは、黒毛和種(黒毛和牛)の魅力と飼育環境についてご紹介いたします。町田市にある闘牛門 町田本店と闘牛門 別邸 和ノ牛では、厳選した黒毛和牛と希少部位の焼肉を堪能していただけます。町田市の近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

黒毛和種(黒毛和牛)の魅力

黒毛和種(黒毛和牛)の魅力

そもそも、黒毛和種(黒毛和牛)とはどのような牛のことを言うのでしょうか。「和」の文字から解釈すると、日本で生産・飼育されている黒毛の牛のことであるとお考えになるかもしれません。

しかし、日本で飼育されているすべての牛が「和牛」であるとは言えないのです。なぜなら、和牛とは牛の品種名を示す言葉だからです。そして、和牛を名乗ることが許されているのは特定の4種における純血個体のみとなっています。

では、そんな黒毛和種(黒毛和牛)が多くの人を惹きつけてやまないのはなぜなのか。その理由は、単純に肉質の良さが挙げられます。世界最高峰の牛肉とも呼ばれる和牛のうち、特に高い品質を誇っている黒毛和牛は、まろやかな味わいととろけるような食感が特徴です。飼育方法によって肉の味が変わるため、同じ黒毛和牛でも様々な地域のものを食べて楽しむことができます。

黒毛和種(黒毛和牛)の飼育環境について

黒毛和種(黒毛和牛)の飼育環境について

前述したように、黒毛和種(黒毛和牛)は飼育環境によってその味を大きく変えます。ただ、実際に黒毛和牛として食べられているお肉は、そのほとんどがきれいに「サシ」が入り、まろやかな味わいと柔らかい食感を持っています。

これは、ひとえに黒毛和種(黒毛和牛)を生産する畜産業者の努力によって成り立っているものです。お肉が霜降りになるためには、体全体に脂肪分を行き渡らせなければなりません。単純に太らせただけでは、締まりのない肉になってしまいます。

よって、サシのしっかりと入った美味しい肉は、高い栄養価の飼料を与えるとともに、牛が十分に生育できる環境を用意しているからということが挙げられます。黒毛和種(黒毛和牛)は遺伝的に脂肪が混在しやすいという特徴があり、畜産業者の努力と技術がなければ、美味しい食肉を作ることはできないのです。

黒毛和牛にも種類がある?

黒毛和種(黒毛和牛)は牛の品種を指しています。そして、黒毛和種の中でも、さらに様々な銘柄が存在しています。代表的な銘柄は神戸牛・前沢牛・松阪牛・米沢牛・近江牛・石垣牛などです。黒毛和種は日本各地で飼育されており、同じ品種でも地域の特性や餌の違いなどから、それぞれ異なる魅力の銘柄が誕生します。

日本の三大和牛である松阪牛・神戸牛・近江牛がすべて黒毛和牛であることからも、その品質の高さがうかがえます。

町田周辺で黒毛和牛を味わえる焼肉店をお探しでしたら、闘牛門 町田本店と闘牛門 別邸 和ノ牛へご来店ください。高品質な黒毛和牛の様々な部位をご用意しております。町田本店には食べ放題コースもございますので、ぜひご利用ください。

町田市原町田にある闘牛門 町田本店と闘牛門 別邸 和ノ牛では、A4、A5ランクの中でも厳選した黒毛和牛の焼肉をご提供しております。黒毛和牛は、和牛の中でも特に肉質が良く、人気が高い品種です。

闘牛門 町田本店では、黒毛和牛を存分に堪能できる食べ放題のコースもご用意しており、少し贅沢な焼肉をリーズナブルな価格で堪能していただけます。様々なシチュエーションでぜひご利用ください。

町田で焼肉を楽しむなら黒毛和牛や希少部位を提供する闘牛門 町田本店・別邸 和ノ牛へ

店舗名 闘牛門-町田店-
住所 〒194-0013 東京都町田市原町田3丁目8-6
電話番号 042-850-8629
営業時間
  • [月~金] 11:30~14:00/17:00~24:00(L.O. 23:30)
  • [土・日・祝] 11:30~14:00/16:00~24:00(L.O. 23:30)
定休日 不定休
アクセス
  • JR町田駅より徒歩5分
  • 小田急町田駅より徒歩8分
URL https://tougyuumon.com

TOP